Special Contents 相続対策について

Special

HOME//相続対策について

相続対策について

相続対策について

知っておいて損なし
今からできる相続対策

国が認める「特例」や「非課税制度」を上手に活用することで、相続税のムダを抑えることができます。ここでは、生前にできる相続対策の一例をご紹介します。

※下記の制度を適用するには、一定の条件を満たす必要があります。

  • 生前贈与の非課税制度

    生前贈与の非課税制度

    贈与税の控除額は年間110万円以下です。
    つまり毎年110万円以下の財産を贈与することで、遺産を減らし、相続税を減らすことができます。
    ただし、相続発生から3年以内の贈与は課税対象となるため注意が必要です。

  • 結婚・子育て資金一括贈与

    結婚・子育て資金一括贈与

    親や祖父母から子へ結婚・子育て資金として一括贈与した際に1,000万円まで非課税となる制度です。

    結婚・子育て資金の具体例は、挙式や転居費用などの結婚に係る資金(300万円まで)、不妊治療や分娩費用など妊娠・出産・育児に係る資金などが当てはまります。

  • 小規模宅地等の特例

    小規模宅地等の特例

    被相続人が居住用あるいは事業用として利用していた宅地を相続する際、一定の面積まで宅地の価格を最大80%減額させることが可能になる制度です。

    条件適用にはいくつかの項目を満たす必要があります。詳しくは、お気軽にお問い合わせください。